髪のお悩み解決髪質改善サロン
その他お悩み

白髪染めでのダメージ対策!傷んだ髪の毛の修復方法&改善方法

白髪染めをする頻度は1ヶ月~1ヶ月半が平均的になってきます。

白髪染めはファッションカラーと違って色持ちや、退色が早く髪質によりますが大体ひと月程度で気になり始め、特に根元は2~3週間ほどでもう染めなきゃというほど目立ちます。

かといって、毎回染めていたら髪や頭皮に負担がかかりダメージしてしまいますので、いかにダメージせず白髪染めを定期的に染めていくかがポイントなってきます。

正直、こんなに毎回染めたくないけど気になるのが白髪です。だからこそ、染めるなら極力ダメージを防ぐことを考えていきましょう。

白髪染めをして髪の毛へのダメージは、薬剤選定、薬剤成分が原因になってきます。

安いから、時間がないから、などの理由で簡単に白髪染めをする方もいるとは思いますが、間違った染め方や、自分にあってないカラー剤を使用して、取り返しのつかないことにならないようにしていきましょう。

カラーでのダメージした髪の毛は綺麗に戻ることはありません。

いかにダメージの少ないカラー剤で気になる白髪を頻繁に染められて、綺麗なツヤ髪を維持するかが重要になってきます。

白髪染めでのダメージの原因や対策方法を知り、カラーとうまく付き合っていきましょう。

白髪染めのダメージの原因

白髪が染まる仕組みをまずは紹介していきます。

基本的には、白髪染めもおしゃれ染めも染まり方の原理は同じです。

「1剤」は、ジアミンといわれる化学染料が含まれた酸化染料とアンモニアが含まれたアルカリ剤が主な成分の薬剤です。「2剤」は、過酸化水素が成分の薬剤です。「1剤」と「2剤」を直前に混ぜて使用します。

アルカリ剤はキューティクルを一時的に開き染料を毛髪内部にしみこませる作用があります。また酸化剤の過酸化水素を分解し酸素を発生させることで毛髪内のメラニン色素を分解して脱色、同時に酸化染料の分子を結合発色させます。

酸化染料は結合により大きくなるためキューティクルのすきまから出ることなく染料色素は毛髪内に固定されます。

頭皮ダメージの原因ジアミン

ジアミン染料はアレルギー性皮膚炎の原因となることがあります。

ジアミンは皮膚刺激が強くアレルギーの原因となります。皮膚炎を起こさないまでも使用時にピリピリとした刺激をおぼえたりすることが多いようです。頭皮へのダメージの原因となることがあります。

毛髪そのものへのダメージにもなる原因アルカリ剤

アルカリ剤の残留はダメージの原因です。 

アルカリ剤は皮膚や粘膜にも刺激や腐蝕作用がある非常に取り扱いを注意しなければならない薬剤です。毛髪に対しても毛髪内に残留するとキューティクルは開いたままとなりダメージの原因になります。

特にホームカラー後の髪のパサつきや、色落ち、頭皮のかゆみの原因は、しっかり染めるための強すぎる薬剤成分処方による残留アルカリによるものと考えられます。

※白髪染め、カラーリングをする際は使用する予定の薬剤:商品でパッチテストを必ず受けることが必要です。

白髪染めダメージを抑える方法

染め方一つで髪の毛に対してのダメージが軽減できるかと思います。白髪染めに対してのダメージを抑える方法をいくつか紹介したいと思います。

全体白髪染めの頻度をリタッチ、部分染めで減らします。

白髪の割合の多い方ほど白髪染めの頻度は多くなります。半分以上が白髪だと1ヶ月ごとに白髪染めをしている方が多いようです。

の際全体への白髪染めは2か月に1回の割合として、中間にリタッチ、部分染めを入れて上手に白髪を染めていけば頭皮と毛髪へのダメージを抑えることができます。

アルカリ剤のカラーを重ねない、毛先は酸性カラーにしましょう。

サロンでしっかり適切な施術をしても、頻回にアルカリ剤にさらされた毛髪はダメージを避けることが難しいといえます。毎回、アルカリカラーで白髪染めするのではなくて、毛先は酸性カラーを使って染めるとダメージを避けることができます。

酸性カラーはヘアマニュキュアともいわれ脱色して色を毛髪内に入れるのではなくコーティングすることで色をつけます。アルカリカラーほどしっかり染まりません。またアルカリカラーに比べて、2~3週間で褪色してしまいます。

キューティクル薬剤でひろげて染めるアルカリカラーに比べて毛髪や頭皮そのものへのダメージが少ないので毛髪と頭皮は健康的な状態が維持できます。リタッチや部分染めと同時に、すでにアルカリカラーをしている毛先上に酸性カラー、ヘアマニュキュアはをすることでツヤとコシをもたらして、より美しい仕上がりが期待できます。

酸性カラー・ヘアマニュキュアで全体を染める

アルカリカラーでかぶれなどの皮膚トラブルの経験がある方、アレルギーがある方は酸性カラー・ヘアマニュキュアで白髪染めをおすすめします。ヘアマニュキュアには黒い髪を明るく茶色に染めることはできませんが、白髪部分を染めることはできます。

また、ヘアマニュキュアは頭皮への塗布はできません。

こんな方にオススメ

・アルカリカラーで皮膚トラブルの経験がある方
・白髪だけを染めたい方
・明るく染めなくてもよいという方
・髪の傷みを避けたい方

前述したように、褪色は2~3週間で徐々に進みます。

頭皮のダメージを避けるならゼロテクがおすすめ!

ゼロテクとは薬剤を頭皮のぎりぎりで(1〜3mm)避けて根元よりの毛髪だけに塗布するテクニックです。頭皮への薬剤付着を避けられるので、当然、頭皮へのダメージを回避できます。

ヘアマニュキュアの塗布の仕方も同様です。

ただ根元の約1ミリ程度の白髪は染まらないので気になる方は要相談して見て下さい。また、料金設定など確認してみましょう。

その他一時的に染まるカラー

急な予定の外出、毎日、白髪をカバーしたい方におすすめしたいのが、1dayタイプの白髪染めです。部分的に使えるのとマスカラタイプ、コーム、ペンタイプなど色々があります。

一回の使用で少しずつ白髪が色付きます。また、毎日の使用で少しずつ染まっていくタイプもあります。手への染色もなく使いやすいものが揃っています。

また、わずかでも白い部分が見えるのは嫌だという方は次の白髪染めや、リタッチまでをカラートリートメントで毎日カバーをすることをお勧めします。カラートリートメントは白髪を1度の使用で染めるものではありません。)

カラートリートメントは白髪染めをした直ぐ後から使い始めることで、白髪染めの褪色も防ぎ、伸びてきた白い部分も毎日の使用によって徐々に濃く染まり回数が重なり境目の白髪が目立たずに次の白髪染めまでを乗り切ることができます。

例)白髪染め(リタッチ)⇒ 毎日カラートリートメントまたは1dayタイプカラーマスカラタイプ⇒ 白髪染め(リタッチ)

のサイクルと間隔を決めて行うことで白髪のストレスを前向きに乗り越えましょう。白髪染めの間隔を決めて行うことは白髪が目立ってくることでの精神的なダメージを防ぐことができます。

美容室での白髪染め、を定期的に行い、カラートリートメントや、1dayタイプカラーのマスカラタイプなどを準備して白髪をできるだけ前向きにカバーし髪の毛に対しての負担を減らしましょう。

市販カラーと美容室のカラーの違い

市販のカラーと美容室のカラーだとダメージは段違いです。

美容室のような薬剤調整は、市販白髪染め、ホームカラーではできません。

サロン、美容室で白髪染めをする場合と自宅でする場合の大きな違いは薬剤を毛髪や白髪の状態に合わせて調節するか、しないか、ということだといえます。

器用な方なら市販白髪染めで自宅でもきれいに染められるかもせれません。しかしダメージや白髪の状態に合わせて薬剤の調整、塗り方の工夫、時間調整をしたりすることはできません。

直後はきれいに染まっているように見えても市販白髪染めのしっかり染めることが目的の強めの薬剤配合により、日に日にダメージが明らかになっていくことが考えられます。

技術、知識の差は大きいです

美容師が白髪染めやカラーリングを行う際は毛髪や白髪の状態に合わせて技術、知識をもって、できるだけダメージを避けるために、薬剤を選択、調整し、適切なスピード感的確な塗布方法:ムラなく、リタッチ・部分染め、ゼロテク等を用い、そして的確な塗布量を用いて行われます。

その技術力、知識力の差が美容室での美しい仕上がりとダメージの軽減をつくりだします。この差を考えてもご自身での市販白髪染めは、とてもリスクが高いといえます。安価であり、便利なようですが、結局はダメージケアでコストや時間がかかってしまった、または、取り返しがつかないということもあり得ます。

シャンプー・トリートメントでダメージを改善

毎日のシャンプー・トリートメントでダメージケアをしましょう。

髪の毛と頭皮環境を整えるベースでもあるシャンプーは大事になってきます。

サロンで美しくダメージを避けて白髪染めをしてもらっても毎日のケアは大切です。綺麗に染めてもらっても、ちゃんとホームケアをしていかなければせっかく染めて綺麗な状態も台無しになってしまいます。

おすすめはアミノ酸系シャンプーです。

アミノ酸系シャンプーで頭皮も髪もいたわりながら洗うことをおすすめします。石油系の洗浄剤のシャンプーは避けてください。洗浄力が強く、頭皮、毛髪への刺激もあります。

アミノ酸系シャンプーは皮膚と同じ弱酸性であり、洗浄力が滑らかです。人間の体は髪の毛を含め、たんぱく質(アミノ酸)によって作られています。アミノ酸系シャンプーを使うと髪の毛と同じ成分で洗うことが可能になるので、アミノ酸が不足した頭皮にアミノ酸を補うことでできるのです。

アミノ酸は肌の保湿にも効果がある成分なので、頭皮の乾燥を防ぎ、髪の毛にツヤをもたせます。肌が弱い方でも安心して使うことが可能で、髪のパサつきや広がりなどを抑える効果もあります。

セラミド、アミノ酸など補修成分配合のトリートメント

せっかく白髪を染めてきれいになっても普段のケアを怠るとパサつきや、ひろがりの原因になってしまいます。

セラミドは肌に存在する成分で、髪の毛のキューティクルに作用することで働きをサポートしてくれる補修成分といえます。

キューティクルがダメージを受けてしまうと、髪が傷みやすくなり退色が早くなってしまいます。セラミドによってキューティクルが頑丈になると、髪内部の水分不足を防ぎ、外へ成分が流れてしまうのを防いでくれます。

シャンプー同様、トリートメントもノンシリコンでアミノ酸・セラミド配合のものを使うことで内側から補修効果が期待できます。

その後のダライ前に、アウトバストリートメントもすることで更にダメージを防ぐことができます。

ダメージレスな白髪染め

酸性カラー・カラーマニュキュア

ヘアマニュキュアは、通常の白髪染めやおしゃれ染めのようにジアミン染料をブリーチして色を入れるという原理を用いないのでアルカリ剤の使用もありません。

ジアミン染料によるアレルギーや頭皮ダメージ、アルカリ剤による毛髪ダメージを避けたい方に向いています。

髪の上にコーティングをする原理で色をつけるカラーです。たとえば、黒い色紙の上に黒いペンや色のペンで字を書いてもわからないように、ヘアマニュキュアは白髪の部分だけは染まっていることがわかります。

ブリーチをしないのでもともとの髪の色より明るく、茶色にすることはできません。

色持ちも良いとは言えません。通常2~3週間で徐々に褪色してきます。ダメージを避けたい方。アレルギーがわかっている方。明るい髪色でなくても良い方におすすめします。

※ヘアマニュキュアは頭皮に塗ることはできません。自宅での使用はおすすめできません。

一時染め白髪用カラー

上記で伝えたようにお出かけ前や、気が付いた時に、メイクアップと同じ感覚で使えるのが一時白髪染めです。

髪や頭皮へのダメージはありません。ササっと白髪部分だけ塗ることができます。いろんなタイプのものがあります。マスカラタイプのものが使いやすくおすすめです。

ご自宅用、外出携帯用と使いやすさに合わせて選べます。頻回に使用するとコスパが高くなります。

白髪が染まるものではなく、シャンプーで洗い落とせます。つけ方によっては衣服についたりしますので注意してください。雨に当たると落ちてしまいます。

塗る時はブロック分けして、丁寧に塗ることが、色むらや塗り残しを避けるポイントです。

白髪染めダメージのまとめ

今回、白髪染めの種類でヘアカラー、ヘアマニキュア、酸性カラーと何種類かありました。

一番安心して施術を受けたいのであれば、なるべくは根元にカラー剤をつけないように染めることがベストだと思います。

そうすることで根元に対するダメージが防げます。

もし定期的に白髪を染めたければ、カラートリートメントや1dayタイプの白髪染めなどを使用していくことをオススメします。

根元のダメージではなく髪の毛に対してもダメージが防げるし、一時的に染まるものですが毎日のストレスが軽減されるかと思います。

染めるこのに関して、多少のダメージはつきものですが、最小限に抑えながら白髪を綺麗に染めることが大事になってきます。

また、綺麗に染めた髪の毛のケアも忘れずにしていきましょう。

染めて綺麗になったからいいや、ではなく色を長く持たせられるようになど、ツヤ髪をキープするためにも日々のホームケアに力をいれましょう。

ご予約

LINE@による「髪・ヘアケア」等に関する無料相談を24時間365日受付けています。

営業時間
平日土日祝:9:30〜18:30
毎週月曜、第2火曜、第3日曜 定休日

ご予約方法

LINEの方はこちらLINE@hotpepperの方はこちらから
wed予約