髪のお悩み解決髪質改善サロン
くせ毛対策

髪のうねりを解消する!髪質改善方法と自宅でできる簡単方法♪

髪のうねりでまとまらなかったり、上手くスタイリングができなくて嫌になっていませんか?

季節の変化や湿度でうねったり、生まれつきの癖でうねったりと原因は様々です、、

髪がダメージする事によってうねることもありますし、年齢と共にくせ毛っぽくなったきたと感じる方もうねりの可能性があります。

まずは髪のうねりの原因を知り、改善して艶髪を目指していきましょう。

髪がうねる原因、髪型やヘアアレンジ方法、美容室での髪質改善メニューなどを紹介していきます!

髪がうねる原因

髪がうねる原因は大きく分けてく2つあります。その2つの原因をいくつかわけて説明していきます。

後天的な理由

ダメージ

過度なカラーやパーマ、紫外線によるダメージ、乾燥による髪の内部の水分不足が原因でダメージしてしまいます。

ダメージして傷んでしまった髪の毛は、毛髪の表面をおおっているキューティクルが剥がれおち、湿気など含みやすくなり膨張してしまいます。

湿気がない時でも髪の毛が広がったりうねったりする場合は髪の水分不足で乾燥が原因になります。

生活習慣

栄養不足によって髪が細くなる、ダイエットや加齢、不規則な生活によるものが原因です。

毛髪成分は8割はタンパク質で構成されています。

なので、 の毛の主成分であるタンパク質を摂取しないことで、髪の毛のハリコシがなくなり髪の毛が細くなってしまいます。

これらが原因で髪がうねってしまいます。

先天的な理由

遺伝的な原因

両親の片方でもくせ毛の場合は70%、両親ともくせ毛の場合はなんと90%の確率でその子供もくせ毛になってしまいます。

また、毛穴の形が歪んでいると毛が曲がって生えてきてしまい、髪の内部にタンパク質が均等に行き渡らなくなり、その結果うねってくせ毛になってしまいます。

自宅でできる髪がうねらないコツ

髪の毛がうねらないちょっとした、自宅で簡単にできるコツを教えていきたいと思います。

寝る前のブロー方法

意外とできていないのが寝る前のブロー、、

ただ乾かすだけではなく、うねりを手で伸ばしながら乾かすことがポイントになってきます。

乾かす手順としては、まずはしっかりと根元を乾かし、その後に中間〜毛先を乾かします。特に中間を乾かす時は少しテンションをかけながら乾かすと良いでしょう!

毛先も乾いたら最後に中間〜毛先を真っ直ぐブローすれば、うねりが解消できて、朝のスタイリングが楽になります♪

それでもうねる人は、ストレートアイロンをかけてから寝ると更に楽になります!

出かける前のスタイリング

出かける前のスタイリング方法としては、ブローやストレートアイロンでのベースができた上でコテ巻きやスタイリング剤で仕上げることが大事になってきます。

アイロンとコテはあまり温度を上げずに(ダメージ予防)何度も繰り返しやるのではなく、気になるとこや必要な所を適切に仕上げられるようにしていきましょう。

そうすることで、ある程度うねりが改善できたり、コテ巻きでうねりが馴染むことができます。

最後のスタイリング剤がポイントで、広がりやうねりを予防できるオイル系、もしくは保湿力のあるスタイリング剤を使うことをオススメします!

逆にマット系のワックスなどハードスプレーだけだと、パサパサになりやすくなるのであまりオススメはしません。

オイルなどを付けた後のハードスプレーはスタイリングをキープさせる為には良いと思います。

髪がうねらない改善方法

うねりの改善方法として、美容室でできる方法と自宅でできる方法とにわけて解説していきたいと思います。

美容室で改善

カット

髪質や骨格に合わせてカットをしてもらいましょう。

特に毛量調節を軽くしすぎたりと、失敗してしまうと取り返しのつかないことになってしまうので気をつけましょう。

カットでうねりを改善する場合は上記を踏まえて、1〜2ヶ月と細めなメンテナンスが必要となってきます。

パーマ

カットでなかなか上手くいかない場合は、パーマやストレートの施術を行うことをオススメします。

パーマをすることでうねりをなおすのではなく、活かす方法として良いかと思います。

上手くうねりとパーマが合わさってお洒落に楽にスタイリングができます。

ストレート

ストレートはうねりを改善する方法として一番オススメしてます。

やはり、毎朝時間をかけてスタイリングをする手間がなくなり、髪のダメージも軽減されることからいいでしょう。

また、髪のうねりや癖によってストレートの強さも調節できるので、安心できるかと思います。

従来のストレートであればアイロンを使わずに、ドライヤーとストレート専用ブラシで髪を傷めず伸ばせるストレートがあるのでそちらをオススメします。

トリートメント

トリートメントは一時的な効果になってしまうが、定期的にトリートメントができればうねりが収まり楽になるでしょう。

ただ、オススメとしてはストレートやパーマを行、更にうねりをおさめたい方、そこまでうねりが強くない無い方が良いかと思います。

※トリートメントの種類によってはうねりが軽減できるメニューもあるので相談して自分にあった施術をうけましょう。

自宅で改善

上記で説明したように、正しい乾かし方やブロー、ストレートアイロンなどを上手く使いこなしてうねりを改善していきましょう。

特に、寝る前のドライが重要になるのでしっかりと正しい乾かし方でやっていきましょう。

ホームケアでのトリートメントもうねりの改善と一つです。

サロンでのトリートメントも効果はありますが、家でのケアもしっかりしてあげることでうねりも収まり扱いやすいスタイルになるかと思います。

インバスとアウトバス、両方してあげれば尚更髪の状態は良くなります。

トリートメントの成分的には、ペリセアとセラミドがオススメです!

ぺリセアは成分表示欄に、ジラウロイルグルタミン酸リシンNaと記載されていることが多いです。

このペリセアは1分ほどで髪の内部へと浸透・補修をしてくれるだけでなく、お湯で洗い流しただけでは効果は落ちないという優秀な成分となっています。

洗い流しても効果は持続するためシャンプーに含まれていることもあり、正直なところトリートメントとシャンプーどちらに配合されていても問題はありません。

セラミドは肌に存在する成分で、髪の毛のキューティクルに作用することで働きをサポートしてくれる補修成分といえます。

キューティクルがダメージを受けてしまうと、髪が傷みやすくくせ毛うねり毛にもなりやすいです。

セラミドによってキューティクルが頑丈になると、髪内部の水分不足を防ぎ、外へ成分が流れてしまうのを防いでくれます。

うねりづらい髪型&アレンジ

うねりやくせを改善、活かしたスタイルとアレンジを紹介していきます。

髪型

うねりを活かしたショートスタイル

直毛だとペタッとなってしまうショートスタイルでも、程よくボリュームがでて良い感じになります。

重めのワンレングスカット

うねりが気になる内側をカバーできるのがボブスタイルです。
切りっぱなしボブで雰囲気もでて、扱いやすく楽になるでしょう。

ロングレイヤー

うねりを活かして、無造作ヘアーにすることで可愛く仕上がります。
表面にレイヤーを入れることで重すぎず動きのあるスタイルになります。
また、デジタルパーマとの相性もよくスタイリングが楽になります。

アレンジ

三つ編み、編み込みアレンジ

 

この投稿をInstagramで見る

 

. ハイトーン×ウォーターフォール #ウォーターフォール#ヘアアレンジ#美容室#高崎#浜尻町#リラウンジ浜尻店

mitsuru irisawa(@i.mitsuru)がシェアした投稿 –

うねってまとまらない時は、三つ編み、編み込みをしてしまえば扱いやすっくなります。
直毛だとコテ巻きでベースを作るなど手間になるところ、うねりを活かしてしまえば自然なナチュラルな仕上がりになります。

ゆるふわアレンジ

うねってボリュームがあるため、ゆるふわにまとめるだけでも可愛くし上がります。
簡単なのにガラッと雰囲気を変えることができ人気のヘアアレンジでもあります。
後れ毛も少し出せば動きがつき良い感じになります。

髪のうねりを改善するメニュー

美容室で髪のうねりや癖を改善できるメニューを3つ紹介していきます。

ストレート

ナチュラルなストレートをオススメします。

ただ、くせ毛でうねりが強い場合はしっかりとストレートをかけた方いいです。

ナチュラルストレートは縮毛矯正とは違い、アイロンを使わないでうねりや、ひろがりを軽減して、アレンジのしやすい髪にすることを目的に行うことが多いです。

また、ナチュラルストレートはアイロンの熱処理を行わないストレートで、業界でも珍しい薬剤の使用でくせ毛によるダメージ、ツヤのなさ、ひろがりや扱いにくいうねりを抑えてつややかでやわらかなストレートを実現できます。

毛先にカールをつけることも可能です。

ナチュラルストレートでシルクのような柔らかい質感の髪質を手に入れることができ、ストレートパーマのイメージを超えたまさに毛髪エステのようなストレートになってます。

パーマ

上記でも伝えたように、うねりを活かすのに有効なのがパーマです。

オススメは低温デジタルパーマになります。

ダメージの少ないトリートメントベースの薬剤を使用し、短時でかけられるのが特徴です。

従来のパーマだと、ウェーブ感がですぎて昔ながらのパーマになってしまいますが、デジタルパーマだと柔らかく大きなカール感が表現できます。

髪の柔らかい動きや、空気感がでて女性らしさアップに効果的です。

トリートメント

トリートメントをして効果が実感できるのは2〜3週間かと思います。

もちろんその間うねりも収まり楽になります。

今までの常識だと『パーマやカラーをすると傷むのでトリートメントをしよう!』が当たり前でした。

ですが、トリートメントで髪質改善を感じた事はなかなかないのかと思います…

指通りや手触りが良くなるだけになってしまいます。

毛髪細胞は肌細胞と違い自己治癒力がなく、痛んだ後では元に戻らないのです。

なので、ベースメニューのパーマやカラーを徹底的に見直し、髪素材を美しく保つ本当のヘアケアをしていくことがまずは大事になってきます。

そのベースが整ってくるとトリートメントとしての効果が発揮していきます。

またトリートメントにも種類がいくつかあるので、出来れば内部補修の物を積極的に選んで髪の中からケアをしてうねりを予防していきましょう。

まとめ

髪のうねりを改善する方法として、美容室での髪質改善メニューをする事が一番綺麗になり、毎日のスタイリングが楽になるかと思います。

うねりの原因は大きく分けて2つありましたが、まずは自分自身のうねりの原因を知り解決していきましょう。

自宅では髪を乾かすドライがベースとなり、ちゃんとした乾かし方をしていないと根本的なうねりを改善する事ができません。

なので、手間かもしれませんが日々のドライヤーをちゃんとしていき、その後、自分がやりたいヘアスタイリングをする事をオススメします!

少しの手間や、美容室での髪質改善でうねりを改善して艶のあるキレイな髪の毛にしていきましょう!

ご予約

LINE@による「髪・ヘアケア」等に関する無料相談を24時間365日受付けています。

営業時間
平日土日祝:9:30〜18:30
毎週月曜、第2火曜、第3日曜 定休日

ご予約方法

LINEの方はこちらLINE@hotpepperの方はこちらから
wed予約