髪のお悩み解決髪質改善サロン
髪のハリコシ対策

頭皮マッサージで健康的な髪と頭皮にするための大切なポイント!

頭皮マッサージの方法や効果などをまとめた記事になります。

日々の疲れやストレス暖和にもつながる頭皮マッサージですが、それだけではなく色々な知識や方法を知ると効果も倍増したりいい事があります。

ツヤツヤで美しい髪や、たるみのない肌のカギは健康な頭皮からだと思います!

健康な頭皮の重要性、また、シャンプー時に簡単にできるマッサージや、ブラシを使ったマッサージなど、自宅でできる頭皮マッサージ方法をご紹介します。

マッサージで健康な頭皮を保ち、いつまでも若々しい姿でいられるよう、ぜひ参考にしてみてください。

頭皮マッサージを行うことによる素晴らしい効果を知れば、あなたも今日からやってみたくなるはずです。

健康で綺麗な髪を手に入れるだけではなく、薄毛や抜け毛アンチエイジング効果も期待できますので是非やってみましょう。

自宅でできる頭皮マッサージ方法

シャンプーしながら頭皮マッサージ

頭皮マッサージを行うときのポイント

小指は使わないで、残りの計8本の指の腹を使って行いましょう。小指を使うと爪先が頭皮にあたり頭皮を傷つけるかもしれませんので注意してください。

シャンプーの目的は本来、頭皮を清潔にすること
シャンプーは本来、毛髪を洗うというより、地肌、頭皮を清潔にすることが目的です。頭皮を清潔にしながら、マッサージを行えば、忙しくても一石二鳥、頭皮ケアが毎日できます。

しっかり予備洗い、手早く、まんべんなく
シャンプーマッサージではシャンプー剤を使う前にしっかりお湯で頭皮と毛髪を予備洗いしておくことが必要です。毛髪の汚れの9割はこの予備洗いで落ちています。(マッサージだからと言って、シャンプー剤が長い時間頭皮に着いていることはかえって頭皮にダメージを与えます。)約2~3分程度でシャンプーしながら頭皮マッサージを終了しましょう。

シャンプーしながら頭皮マッサージの手順

頭皮マッサージの方法の大切なポイントは『下から上に行うことです。』円を描きながらマッサージするときは顔を引き上げるときに力を入れるイメージでゆっくり回しましょう。

  1. 前額部周辺から頭頂部へ(おでこ、生え際からつむじ)
  2. 耳介部上部(耳たぶの上)から頭頂部へ
  3. 耳介後部(耳たぶ後ろ)から頭頂部へ
  4. 後頚部(襟足)から頭頂部へ

※セクションに分けてまんべんなく頭皮をマッサージしましょう。
※シャンプー剤が頭皮に残留しないよう良く洗い流しましょう。

トリートメントしながらのマッサージは頭皮専用のトリートメント剤を使いましょう

トリートメントしながら頭皮マッサージをしてはいけないの?と考える方もいらっしゃるかもしれませんね。

トリートメント剤のほとんどは頭皮に直接つけることは避けるべきです。

物によっては、頭皮のトラブルの原因になってしまいます。

一般的なヘアトリートメントには、髪の毛の指どおりをよくするためにシリコーンがはいっています。

髪の毛につけるぶんには問題ありませんが、直接頭皮につけてしまうとボリュームがでなくなり、べたつく原因になてしまいます。

ただし頭皮用のトリートメント(頭皮用ローションもしくは、頭皮用トリートメント)であれば頭皮にもつけられ、トリートメントしながら頭皮マッサージができます。

更に、頭皮用トリートメントを付けてマッサージすると血行促進の効果もあります。

頭皮用ローションを使用した頭皮マッサージの方法

頭皮の下には、帽状筋膜前頭筋後頭筋があります。
各筋肉、部位の機能や構造を意識して頭皮マッサージを行うことが大切です。

まずは、シャンプー後タオルドライをして、頭皮用ローションを数か所に分け塗布してまんべんなくほぐすように揉みこみましょう。頭皮が清潔な状態で行うことが大切です。頭皮マッサージはシャンプー時と同じく指の腹を使って、下から上に向かって行います。

帽状腱膜:頭頂部をほぐします

頭頂部は筋肉がない部位(帽状腱膜)です。前頭筋や後頭筋の動きに伴い弛緩したり緊張したりしますが、頭頂部:帽状筋膜そのものが収縮、伸展したりする機能はありません。そのためマッサージによって、血行を促進させ適度なしなやかさハリを保っておくことが大切です。前頭筋と後頭筋を繋ぐ役割をしている帽状腱膜が伸びて、しなやかさを失うと皮膚のたるみや筋の緊張に繋がります。

マッサージの方法
頭頂部周辺のやや下方から頭頂部に向かって、円を描きながらマッサージしていきます。左右から、後方側からと周辺から中心に向かうように行います。※下から上に円を描くとき、顔を引き上げるときに力を入れるイメージでゆっくり回してください。

前頭筋をほぐします

頭皮マッサージにより前頭筋の血行促進、筋緊張の緩和効果が得られます。

マッサージの方法
生え際から頭頂部に向かって指の腹を使って頭皮を押しながら円を描くように滑らせます。前頭筋の血行を促進させ筋が固くなることを予防して額の皮膚のゆるみを防ぐ効果もあります。

側頭筋、後頭筋をほぐします。

頭皮マッサージによって血行促進、筋の緊張緩和効果が得られ、皮膚のたるみの予防効果が期待できます。

マッサージの方法
耳たぶ上部から斜め上に向かい円を描くようにマッサージを行います。指の腹だけでなく手のひら付け根を使って、軽く押すようにしながら上に引きあげる方法も効果的です。

頭皮マッサージを続けることでで得られる効

美容効果

顔全体のリフトアップ効果

顔の皮膚と頭皮は繋がっています。血流の改善と、リンパの流れの改善により顔のむくみが取れて、顔全体のリフトアップや肌つやが良くなる効果、フェイスラインがひき上がることで小顔効果が期待できます。

しわの予防、軽減、アンチエイジング効果

頭皮マッサージを行うことで前頭筋に良好なハリ、適度なしなやかさが保たれ額にできる横ジワの予防効果、既にできてしまったシワへの軽減効果が期待できます。頭皮マッサージにより側頭筋の良好なハリ適度なしなやかさが保たれ、ほうれい線の予防、できてしまったほうれい線を軽減する効果が期待できます。日々続けることでアンチエイジング対策として有効です。

健康への期待できる効果

リラックス、デトックス、疲労回復効果

頭皮全体のマッサージにより老廃物が除去されデトックス効果があります。頭皮マッサージによって頭皮や各筋肉、部位が、しなやかな状態に保たれて、筋緊張性の頭痛、肩こり、首のこりなどの解消が得られリラックス効果があります。諸症状の改善によりストレス緩和、疲労回復効果が期待できます。

髪の毛、頭皮の効果

薄毛、抜け毛、白髪予防、改善効果

頭皮マッサージによって頭皮に刺激を与えることが毛乳頭細胞へ働きかけて毛乳頭細胞の働きを活性化させて薄毛予防への効果が期待できます。頭皮マッサージによる刺激で、毛根の成長サイクルを正常化し薄毛、抜け毛の予防につながります。頭皮マッサージを長期的に習慣化することで、毛包幹細胞の減少を防いで、色素幹細胞の減少予防につながり白髪予防効果が期待できます。

頭皮臭の緩和

シャンプー前に湯船の中で、頭皮マッサージを行うと頭皮の毛穴が開いて、頭皮の汚れや毛根部の汚れが浮き上がり、シャンプー時の洗浄効果がアップします、それにより、頭皮臭の緩和効果が期待できます。シャンプー前にパドルブラシなどを用いて頭皮マッサージを行うことも頭皮臭の緩和につながります。シャンプー剤が頭皮や毛根部に残ることも臭いの原因になりますのでしっかりすすぎをしてください。

頭皮マッサージに良いオススメアイテム

頭皮マッサージを行う上で、便利で、効果的に行うことができるアイテムを紹介します♪

パドルブラシ

パドルブラシとは根元部分にクッション性があり、ブラシ部分の面積が大きく、空気孔があります。ブラシ部分のクッション性により適度な刺激を与え頭皮マッサージができます。適度なクッション性により頭皮に負担をかけずに頭皮マッサージができるブラシです。頭皮への適度な刺激によりブラッシングそのもので爽快感、リラックス効果を得ることができます。

※ブラシ本体に空気孔から水分が入らないように保管してください。

シャンプーブラシ

シャンプーブラシはシリコン製のもので比較的安価です。使用も保管も浴室で大丈夫です。シャンプーしながら頭皮マッサージが効果的に行えます。髪が長い人、量が多い人は、シャンプーブラシがあると頭皮もしっかりマッサージしながら汚れが落とせます。シリコン製だからと、強くブラッシングしすぎると却って頭皮を傷めます。適度な強さで頭皮マッサージを行いましょう。

電動の頭皮ブラシ(めんどうくさがりさんにオススメ)

電動頭皮ブラシを使うと、普段のシャンプーだけでは落としにくい細かな汚れまで取り除くことができます。電動頭皮ブラシがあればネイルを気にしないでシャンプーができて、頭皮の汚れをスッキリ落としてくれます。頭皮マッサージがテレビを見ながらできます。めんどうくさがりやさんに、おすすめです。

美容室での頭皮マッサージ効果(ヘッドスパ)

美容室では、頭皮マッサージ効果が期待できるヘッドスパが支流になるので、まずは、自分のお悩みに合ったメニューを選ぶことが大切になってきます。

薄毛対、白髪、頭皮環境、リフトアップ、疲労回復、アンチエイジング、リラクゼーション、サロンによってメニュー、価格設定も違いますし、時間も違います。

自身のお悩みに応じた施術メニューを選ぶことと、アロマによるリラクゼーション効果なのか、頭皮臭が悩みなのか、よく相談したうえでメニューを選び施術をうけましょう。

サロンでのヘッドスパは頭皮、地肌の状態を美容師さんが直接見ながら行うものです。
地肌のカラー剤の残留などをしっかり除去してくれるのと、地肌の健康状態をみて適切なアドバイスを得ることが期待できます。

ヘッドスパを習慣化すると頭皮環境の改善によって美髪効果がとても期待できます。
たくさんのアロマオイルからチョイスしてサロンならではのリラクゼーションを味わうこともできます。

頭皮マッサージの効果を高める方法

マッサージのタイミング

頭皮マッサージのタイミングは朝と夜が効果的であるといえます。朝と夜は活動量の多い日中に比べ血流量が減少することがわかっており、頭皮マッサージもそのタイミングで行いマッサージにより血行を促進させることができます。朝はパドルブラシでブラッシングによる頭皮マッサージ、夜は入浴中、就寝前などご自分に合った、頭皮マッサージタイムを設けてください。

ツボを押して効果アップ

頭皮マッサージでツボを意識することでより効果的になります。

百会(ひゃくえ)

頭頂部の中心にあるツボ抜け毛予防、血行促進、ストレス緩和、頭痛、不眠改善

角孫(かくそん)

耳のすぐ上のくぼんだヶ所。頭痛、血行促進、抜け毛予防、耳や目の病気予防

通天(つうてん)

頭頂部中心の百会から3横指分顔側にあるツボです。頭痛、脱毛改善

顖会(しんえ)

前額部生え際から頭頂部に向かって5.5~6cmのところにあるツボです。頭痛、脱毛改善

天柱(てんちゅう)

後頚部:首筋の中央のうなじ生え際の、くぼんだ所から太い筋肉の両外側にあるツボです。頭痛、肩こり、抜け毛、疲れ目、ストレス緩和と万能なツボです。

風池(ふうち)

天柱からさらに指1本分外側にあるツボです。血行促進、頭痛緩和

あ門(あもん)

後頭部下うなじ上の中央のくぼんだ所にあるツボです。首のこり改善、血行促進

玉沈(ぎょくちん)

後頭部中心盛り上がった所(外後頭隆起)指2本分両外側にあるツボです。血行促進、鼻詰まりの改善

それぞれのツボを意識しながら頭皮マッサージを行うことで、より効果的な頭皮マッサージ効果が得られます。ツボ効果を目的としたアイテムなども使えばより効果的に、気持ちよく頭皮マッサージができます。

頭皮マッサージまとめ

頭皮マッサージで大切なことは、適切な方法やタイミング、ツボを意識したマッサージになります。

自宅で行う場合はシャンプー中や、髪を乾かす前などうまく時間をとっていきましょう。
忙しくてなかなかマッサージが出来ない方は先程紹介した、手軽に出来るアイテムを使用するか、美容室でのヘッドスパなどで効率よく頭皮のマッサージを行いましょう。

頭皮マッサージだけでも、美容効果で全身のリフトアップ、健康への効果で疲労回復、髪や頭皮への効果で、薄毛、抜け毛、白髪予防などが期待できます。

なので、日々忙しい人ほどしっかりと時間をとって適切な頭皮のマッサージをやっていくことをオススメします。

もちろん髪の毛も綺麗になるし、頭皮が良い状態ではないとそれが実現できませんので、やって損はありません。

色々紹介した中から、出来る自分にあった頭皮マッサージをチャレンジしてみましょう!

 

ご予約

LINE@による「髪・ヘアケア」等に関する無料相談を24時間365日受付けています。

営業時間
平日土日祝:9:30〜18:30
毎週月曜、第2火曜、第3日曜 定休日

ご予約方法

LINEの方はこちらLINE@hotpepperの方はこちらから
wed予約