髪のお悩み解決髪質改善サロン
その他お悩み

白髪染めをしてから次回の白髪染めまでの適切な期間、頻度は?

気づくと伸びていく白髪、年々白髪が増えた、など白髪染めをする人にとっては悩みが多くなっていきます。

その中でも、白髪染めを何度もしてきた人なら、一度は考えたことがある染める頻度やタイミングではないでしょうか。

白髪をなくすことは今のところ不可能ですが、少しでも気にならないようにするために白髪染めを定期的に行うことで、ストレスを軽減しましょう。

白髪染めはファッションカラーと違って色持ちや、退色が早く髪質によりますが大体ひと月程度で気になり始め、特に根元は2~3週間ほどでもう染めなきゃというほど目立ちます。

かといって、毎回染めていたら髪に負担がかかりダメージしてしまいますので、いかにダメージせず白髪染めを定期的に染めていくかが大事になってきます。

この記事ではうっかり白髪を防ぐための白髪染めのベストなタイミングと染める頻度について解説していきます。

まだ染めなくても大丈夫など、大事な日に限って慌ててバタバタしないように、定期的に白髪染めをし綺麗な髪色を維持できるようにしていきましょう。

白髪染めを次回するまでの適切な期間はどのくらいでしょう?

一般的には1か月くらいが目安です。

一般的には1か月前後間隔で白髪染めをしている方が多いようです。人間の毛髪は、1か月に1~1.5cm伸びるといわれています。ヘアスタイルにもよりますが、1か月たつと生え際の白い部分はかなり目立つ状態になっています。染まっている部分も褪色してきて、実際3週間ほどで、生え際の根元はかなり目立つ状態になってきます。

例えば、短い間隔でのトラブルとして、10日~2週間に1回程度で白髪染めを行った場合や、白髪染め後のシャンプーやすすぎが十分でないと…

毛髪へのダメージかぶれ発疹などのアレルギー症状の出現というトラブルが起きやすいのです。

上記を踏まえて

白髪の割合別、適正な白髪染めの間隔は

全体の3割が白髪 ⇒ 1か月~2か月

メリット ⇒ 頭皮、毛髪へのダメージが少なめです。

デメリット ⇒ 白髪の部位、ヘアスタイルによっては伸びた部分の白髪が目立ちます。

全体の5割が白髪 ⇒ 1か月

メリット ⇒ 比較的、頭皮、毛髪へのダメージが少ないと考えられます。

デメリット ⇒ 白髪の部位、ヘアスタイルによっては伸びた部分の白髪が目立ちます。

間隔を決めて白髪染めをしないと、白髪がとても目立つ状態になります。

半分~ほとんど白髪 ⇒ 2~3週間

メリット ⇒ 比較的白髪が目立たない状態で過ごせます。

デメリット ⇒ 頻回のサロンでの白髪染めは、費用がかさみます。頭皮、毛髪へのダメージをさけることが必要です。

※本来、頭皮のターンオーバーを考えると1ヶ月半くらい間隔をあけることが望ましいです。

白髪染めは定期的に。間隔を決めてサロンへ

白髪染めは定期的に間隔を決めて行うことで外見的な自身へのダメージを未然に防ぐことができます。白髪を見ることでへこみそうな人ほど間隔を決めて、定期的な白髪染め、リタッチをされることをオススメします。

サロンには定期的に

サロンで施術した際に、美容師さんとご自分の状態を相談して次回予約日を決めて予約してから帰ると、行きそびれてしまうことが防げます。

例)サロンでの部分染め。『分け目から2〜3cmと、お顔回りのみ』を間に入れてみると伸びた部分や人目を気にしないで過ごせます。美容師さんと相談して、次回の予約を入れておきましょう。

自宅白髪染めケアもスケジュール管理を

ご自宅でも期間を決めてカラーリングを行いましょう。次にサロンに行くまでの間にメンテナンスのようにカラートリートメントを使って週1〜2回行うことがおすすめです。なるべくは髪の負担が少ないカラートリートメントタイプで対応していきましょう。

市販カラーよりかカラートリートメントでの自宅ケアを

ホームカラーとも呼ばれる市販のカラー剤は、安価で手軽、というイメージがあります美容師のような技術がないことや、アルカリの残留などにより結局ダメージが重なることにもなりかねません。上記でも伝えたように、ご自宅でのカラーリングはカラートリートメントがおすすめです。

※市販カラーの使用は、除去困難なアルカリの残留により、ダメージの防ぎようがありません。サロンでの施術の効果が期待できなくなります。カット、パーマもスタイルが決まりづらくなり、白髪染めがしっかり全体にきれいに染まりにくくなる可能性があります。

ご自宅での白髪ケアはカラートリートメントで行っていただくと、サロンの美容師も安心して施術ができます。

白髪染めから白髪染めリタッチの間を乗り切る方法

本格的な白髪染めや、リタッチまでの間にも毛髪は伸び続けています。

その間に大切な集まりごとや、催しへの参加など予定が急に入った場合、閉じこもりたくなるかもしれません。
そんな時にも便利なタイプの白髪染めがあります。

少し伸びた白髪をサっと隠したいときマスカラタイプなど1dayタイプの部分カラー

急な予定の外出、毎日、白髪をカバーしたい方におすすめしたいのが、1dayタイプの白髪染めです。

部分的に使えるのとマスカラタイプ、コーム、ペンタイプなど色々があります。

一回の使用で少しずつ白髪が色付くし、毎日の使用で少しずつ染まっていくタイプもあります。

た、手への染色もなく使いやすいものが揃ってるし、常に手元に準備しておくと、いざという時に慌てずに、外出前にもさりげなく少し伸びた白髪を隠せます。

毎日白髪をカバーしたい方はカラートリートメント

わずかでも白い部分が見えるのは嫌だという方は次の白髪染めや、リタッチまでをカラートリートメントで毎日カバーをすることをお勧めします。(カラートリートメントは白髪を1度の使用で染めるものではありません。)

カラートリートメントは白髪染めをした直ぐ後から使い始めることで、白髪染めの褪色も防ぎ、伸びてきた白い部分も毎日の使用によって徐々に濃く染まり回数が重なり境目の白髪が目立たずに次の白髪染めまでを乗り切ることができます。

白髪染め(リタッチ)

 毎日カラートリートメントまたは1dayタイプカラーマスカラタイプ

⇒ 白髪染め(リタッチ)

のサイクルと間隔を決めて行うことで白髪のストレスを前向きに乗り越えましょう。白髪染めの間隔を決めて行うことは白髪が目立ってくることでの精神的なダメージを防ぐことができます。

美容室での白髪染め、を定期的に行い、カラートリートメントや、1dayタイプカラーのマスカラタイプなどを準備して白髪をできるだけ前向きにカバーしましょう。

白髪染めとパーマ同時にできますか?

問題はダメージと影響…

白髪染め後に間隔を置かずにパーマをあてると白髪染めの色落ちは避けられません。

パーマを先にした場合、白髪染めによりパーマのあたり具合が減弱することがあります。

同時に行いたい場合はパーマ⇒カラーの順番で行いましょう。
また、酸性カラー(ヘアマニュキュア)を使うと毛髪へのダメージを抑えてパーマへの影響を避けてと白髪染めが同時にできます。

つまり、根元は通常のアルカリカラー剤で、毛先はパーマに影響を与えない酸性カラー(ヘアマニュキュア)で同時に行うことができます。

ご自身の状態を美容師さんとよく相談してください。

※同時の施術がどうしても不安な方は、1~2週間開けてから、①パーマ⇒②白髪染めをすることをおすすめします。

ちなみにリタッチカラーとパーマなら、根元のリタッチと、根元にあてないパーマなら同時に行っても大丈夫です。

白髪染めリタッチの間隔はどのくらい

見た目が問題なのと、2か月以内がベストだと思います。
前述したように、人間の毛髪は1か月で1~1.5cm伸びます。

リタッチは1か月〜2か月以内の間隔で行うことで生えてきた白髪に悩まされないで日々を送ることができるのではないでしょうか。

2か月を過ぎると伸びてきた白髪はヘアスタイルやスタイリングではカモフラージュできない状態になっていると考えられます。

鏡を見るたびに気持ちが沈んでしまうより、定期的なリタッチで、日々明るく過ごしましょう。

頭皮のターンオーバーも大切

30歳以上の頭皮のターンオーバーは45日程度になります。

1.5ヶ月間隔をあけることで頭皮へのダメージを軽減することもできます。
頭皮のターンオーバーを考慮しても2か月に一回は行う方がいいでしょう。

定期的にヘアカットをしている方は、ヘアスタイルの維持と、白髪染めリタッチもあわせて行いましょう。

サロンで毛髪、頭皮の状態を確認してもらい、担当の美容師さんと相談しながら決めていくことも必要です。

白髪染め期間のまとめ

結果的に、白髪染めをする頻度でベストな期間としては、上記で伝えたように一般的に1カ月前後の白髪染めの間隔になります。

できることなら毎日やりたいところですが、大体ひと月程度で褪色が気になり始め、根元は3週間ほどでもう染めなきゃというほど目立ちます。

しかしながら、髪の傷みや、ダメージレベル、ライフスタイルなどを考慮する必要もあります。

一番は髪のダメージを最小限に抑えながら、白髪を綺麗に染める事が出来る間隔が大事になってきます。それが最適な白髪染めの頻度と言えます。

白髪の量で見た目で疲れ切った印象や、老けて見えてしまったりしてしまいます。

なので、白髪染めをするならしっかりとトリートメントを併用したり、リタッチでカバーするなど上手く染めていきましょう。

時に白髪を染めるカラートリートメントを上手く利用したりして、とにかくダメージのない艶髪を目指してやっていき、よいライフスタイルが過ごせるようにしていきましょう。

ご予約

LINE@による「髪・ヘアケア」等に関する無料相談を24時間365日受付けています。

営業時間
平日土日祝:9:30〜18:30
毎週月曜、第2火曜、第3日曜 定休日

ご予約方法

LINEの方はこちらLINE@hotpepperの方はこちらから
wed予約