髪のお悩み解決髪質改善サロン
その他お悩み

紫外線から髪を守る大切なポイント!肌の倍以上に髪への負担がある

紫外線のダメージを受けるのは肌だけではありません。髪も紫外線のダメージを受けやすいので、紫外線から守るためのケアが必要です。

髪の毛は、肌以上に年齢がわかります。

髪がダメージして、艶がなくバサバサな状態だとしたら、たとえ綺麗な肌でも後ろ姿で実年齢より老けて見えてしまう恐れもあります。

そんな髪の傷みやダメージの原因はいくつかありますが、今回は紫外線について伝えしていきます。

紫外線からのダメージを守る為に、肌はしっかりと日焼け止めを塗っているのに、頭皮や髪はなにもしてないなんてことがあると思います。

一番、髪が太陽の日差しが近くダメージを受けやすくなっているため、しっかりと保護してあげるべきでしょう。

何気なく生活している中でもたくさんの紫外線を浴びてしまう為、少しでも防げるように意識していきましょう。

紫外線から髪を守るために大切なポイントをご紹介していきます。

紫外線が髪に与える影響は?

紫外線が髪に当たると、キューティクルがはがれやすくなります。

キューティクルがはがれると髪がダメージに敏感になってしまい、紫外線を受けた部分から髪の水分や栄養が流れていき、養分を失ってパサついた髪になってしまうのです。

さらに、紫外線は髪質を左右するシステイン結合を破壊するため、髪に柔軟性がなくなってしまい切れ毛や枝毛などが多くなります。

髪の毛は紫外線により乾燥、ハリコシの低下、表面のダメージ、色素やツヤの消失などの影響を受けます。

毛髪を構成しているアミノ酸が酸化されて別の物質に変化する原因が『紫外線』です。紫外線が毛髪に当たると紫外線は吸収されます。こうなることで、毛髪を構成しているケラチンタンパクがダメージします。

また毛髪のS-S結合が切れ、酸化によってシステイン酸が生成することでも毛髪がダメージします。
海水浴やプールなどで髪が濡れた状態で紫外線を浴びるとシステイン酸の生成が加速され、さらにダメージが大きくなります。

その他にも、紫外線によって髪色を決めるメラニン色素が分解されるため、色が抜け、赤みを帯びた茶色になってしまうのです。

ヘアカラーをしている髪は、何もしていない状態の髪よりもメラニン色素が少ないため、より紫外線の影響を受けやすくなっています。

紫外線UVについてプチ情報

紫外線はUV-A、UV-Bにわけられます

紫外線にはUV-A、UV-B、UV-Cがあります。UV-Cはオゾン層で吸収されるため地表には届かない紫外線です。

UV-A

UV-Aは皮膚の真皮層まで届き作用して真皮層内のたんぱく質を変性させてコラーゲン繊維と弾性繊維(エラスチン)にダメージを与えて皮膚の老化をすすめます。光老化といわれるものです。皮膚のたるみ、シワの原因となります。UV-Aによりダメージを受けた弾性繊維は回復再生しないといわれています。

日焼けで肌が黒くなる現象はUV-Bによって生成されたメラニン色素をUV-Aが酸化させて褐色に変化させたものです。日焼けで赤くなった肌が徐々に黒くなるのはこのUV-Aによるものです。サンタンといわれます。

UV-Aは冬でもUV-Bに比べ多く降り注いでいます。

UV-B

UV-Bは、表皮層に作用し、それにより色素細胞がメラニンを生成して防御しようとします。UV-Bによるこの反応が日焼けです。皮膚が赤くなり、ひりひりして痛い、かゆい、やけどのような炎症を起こすサンバーンといわれるものです。頭皮にも同様の症状が紫外線により引き起こされます。

紫外線、特にUV-B、UV-Cは皮膚がんの発現リスクにも関与します。骨形成に必要なビタミンDの生成もUV-Bが関与しています。

UV-Bは夏に比べ冬は5分1に減弱しますが、UV-Aは冬場でも夏の半分程度になるだけです。冬もUV-A対策は怠らないようにしましょう。

紫外線の日内変動のピークは午前10:00~午後2:00です。ですが日差しが弱い朝方や夕方もUV-Aの量に大きな変化はありません。日差しが弱くても紫外線ケアは必要です。

紫外線は天候である程度変化しますが、UV-Aは雲による影響が小さく、UV-Bも少し曇ったくらいでは8割が地表に到達します。

紫外線で傷んだ髪には正しいケアを!症状を悪化させないリカバリーケアとは?

それでは、紫外線で痛んだ髪に対する正しいケア方法をご紹介していきます。

保湿効果や栄養が入っているシャンプーやトリートメントを使う

紫外線を受けた髪は少しの刺激で傷がついてしまいます。そのため、保湿成分や髪に必要な成分を含んだシャンプーやトリートメントを使い、失ってしまった水分や栄養を補いましょう。

保湿成分のあるアミノ酸系シャンプーがオススメです

アミノ酸系シャンプーは皮膚と同じ弱酸性であり、洗浄力が滑らかです。人間の体は髪の毛を含め、たんぱく質(アミノ酸)によって作られています。アミノ酸系シャンプーを使うと髪の毛と同じ成分で洗うことが可能になるので、アミノ酸が不足した毛髪にアミノ酸を補うことでできるのです。

アミノ酸は肌の保湿にも効果がある成分なので、頭皮の乾燥を防ぎ、髪の毛にツヤをもたせます。肌が弱い方でも安心して使うことが可能で、髪のパサつきや広がりなどを抑える効果もあります。

トリートメントはセラミド配合がオススメ

セラミドは肌に存在する成分で、髪の毛のキューティクルに作用することで働きをサポートしてくれる補修成分といえます。

紫外線でキューティクルがダメージを受けてしまうと、髪が傷みやすく広がりやすいです。セラミドによってキューティクルが頑丈になると、髪内部の水分不足を防ぎ、外へ成分が流れてしまうのを防いでくれます。

ヘアパックやヘアマスクを使う

使ったことのある方は少ないかもしれませんが、ヘアパックやヘアマスクはトリートメントの何倍もの修復力で髪のケアをしてくれます。定期的な美容室でのトリートメントと自宅でのケアでツヤをキープさせましょう。

サロントリートメントがオススメです

市販されているトリートメントよりも美容室のトリートメントのほうが、効果がありそうに見えるかもしれません。

実際に体験した方の中には、美容室のトリートメントのほうが格段に髪のなめらかさが高まったと実感された方もいるでしょう。というのも、美容室は髪についてのプロが在籍するお店ですから、トリートメントにもこだわっているところが多いのは当たり前です。

簡単に市販と美容室のトリートメントの違いをまとめると、

・市販はインバス・アウトバスの2種類、美容室は多種多様

・市販よりも美容室のトリートメントの方が豊富に有効成分を含有

髪を扱うプロだからこそ、その人の髪に合ったトリートメントを選び分けることが大切ということがわかります。

 

洗い流さないトリートメントで集中的なケア

洗い流さないトリートメントは髪をケアできるだけでなく、髪に元気を与えてくれます。毎日使うことで効果が得られるため、髪のためにも欠かさず使いましょう。

ヘアオイルがオススメです

ヘアオイルは大きく分けて植物性と鉱物性があります。植物性のヘアオイルの代表的なものは、ホホバオイル、オリーブオイル、椿油などです。植物から採ったオイルをベースとしており、天然由来な成分なので髪や頭皮に優しい使用感です。マッサージなどにも使えます。

鉱物性ヘアオイルは、ヘアオイルの主流です。純度の高い鉱物油がベースであり、髪の毛の手触りを良くしたり、髪を外部から保護するための成分が加えられています。使用感がよくなめらかな髪を実感できます。髪をコーティングする成分が多いためツヤを高める即効性があるが、頭皮などにはつけないように注意しよう。

 

紫外線で傷んだ髪が茶色くなってしまうのはなぜ?

紫外線を受けて傷んだ髪は赤茶色くなってしまいます。では、なぜ紫外線を受けた髪が茶色くなってしまうのでしょうか?

先程も少し触れましたが、髪に含まれる「メラニン色素」というのは、髪の毛の色を決めるのに大きく関わってきます。そのメラニン色素が紫外線によって破壊されてしまうと、髪色にも変化が出てしまうのです。

私達が普段「髪」とよんでいる部分は、実は角質化した細胞。角質化した細胞とはつまり、死んだ細胞と言いかえることができます。

そのため、髪はメラニン色素が分解されてしまうと、新しくメラニン色素を作って髪を黒くするという事ができないのです。これらの理由から紫外線でダメージを受けた髪は茶色になってしまうのです。

髪は肌以上にダメージを受けやすい!

身体の中で最も高い位置にある髪や頭皮は、最も紫外線のダメージを受けやすいのです。

そんな髪を守るには、まず日傘や帽子を使って紫外線を受けないようにしていくのが効果的。紫外線で傷んでしまうのなら、紫外線を当てなければよいのです。

また、帽子などで防ぐほかに、日焼け止めも忘れず使いましょう。最近では、スプレー型の日焼け止めなどもあるため、それらを活用して頭皮や髪への紫外線のダメージを防ぎましょう。

日焼け止めは時間が経つと効果が薄れてしまうので、何度か塗り直すようにしてくださいね。

その他オススメ!

髪をおろしていると紫外線が髪全体に当って傷んでしまうため、おだんごやシニヨンでまとめると紫外線を受ける面積が少なくなります。髪型を工夫して紫外線から髪を守るのも一つの方法ですよ♪

髪の紫外線対策に有効なアイテム

それでは次に、髪の紫外線対策に有効なアイテムをご紹介していきましょう。

髪にも使える日焼け止め&UVスプレー

身体だけでなく、髪にも使える日焼け止めも販売されています。出かけるときにはカバンに一つ入れておくと良いでしょう。日焼け止めを選ぶ際には、全身に使えて髪や肌にも優しいものを購入しておくのがおすすめです。

日傘、帽子

日傘と帽子は、髪や頭皮を紫外線から守るのにとても有効です。日傘は、黒色のものを選ぶのがポイントです。

黒は紫外線を通さない色とされているので、さしている間は紫外線から髪と頭皮を守ってくれます。UV加工がされている帽子や日傘を選ぶのも良いでしょう。

また、帽子はつばのひろいものにすると、髪が紫外線に当たる部分も少なくなるので参考にしてくださいね。

保湿効果の高いシャンプーやトリートメント

上記でも伝えましたが、紫外線を浴び、傷んでいたり乾燥している髪には保湿効果の高いシャンプーやトリートメントを使うのをおすすめします。

特に、アミノ酸系のシャンプーやシアバターやホホバオイルなど、植物性オイルの入った保湿力の高いシャンプーやトリートメントが効果的。傷んだ髪を補修する効果が高く、髪へのダメージを少なくしてくれます。

まとめ

紫外線は肌だけでなく髪にも影響を与えてしまいます。

髪がパサパサになったり色が抜けたりしてしまうため、できるだけ紫外線を浴びないようにすることが大切です。

上記で何度も伝えましたが、日々の生活で紫外線対策を意識していかないと、肌と髪がダメージしてしまい、見た目の印象が悪くなってしまいます。

寧ろ、髪の毛の印象だけでも、見た目より老けて見えてしまったりしてしまいます。

そうならない為にもまずは、外出するときや天気が良い時期などは必ずといって紫外線から守るケアをして出掛けましょう!

そして、紫外線によるダメージを受けた髪を補修するケアも忘れてはいけません。

今回ご紹介したポイントを参考にして、紫外線の多い時期でも髪を守り、サラサラヘアをキープしていきましょう!

ご予約

LINE@による「髪・ヘアケア」等に関する無料相談を24時間365日受付けています。

営業時間
平日土日祝:9:30〜18:30
毎週月曜、第2火曜、第3日曜 定休日

ご予約方法

LINEの方はこちらLINE@hotpepperの方はこちらから
wed予約