髪のお悩み解決髪質改善サロン
髪のハリコシ対策

髪の毛が抜ける、薄毛が気になる…。簡単に数字で見る頭皮の話し!

女性、男性関係なく30代から髪の悩みが増えてくるお年頃だと思います、、

30代突入と共に髪のお悩みもスタートしていきます。

『なるべくボリュームを出してほしい』『分け目を誤魔化してほしい』など、、

大人世代のお客様からこういった声を聞くのは珍しいことではないはずです。

髪の悩みは周りの人に相談しづらいものです。

30代のトラブルが出始める時期は特にデリケートで、実は気になっているというお客様も多いと思います。

20代までの自分とのギャップが、より鮮明に変化を意識させるからです。

そんな、年齢と共に気になってくる髪のトラブル、、

代表的なのはやはり薄毛です。

男性
AGA(男性型脱毛症)、テストステロンという男性ホルモンがジヒドロテストステロンという強力な男性ホルモンに変換させられ、このジヒドロテストステロンが毛髪の成長を妨げることによって起こる現象なのです。

女性
FAGA(Famale AGA)女性における男性型脱毛症のことです。毛髪が細くなって全体のボリュームが減っていき、頭頂部を中心に頭髪全体が薄くなっていきます。加齢などの原因で女性ホルモンの分泌量が減ると、女性の体内にもある男性ホルモンが相対的に優位になって、薄毛や抜け毛につながってしまいます。

薬による治療なども行われ、人によって一定の効果があることがわかっています。

AGA発毛・育毛専門科によると、程度の差こそあれ何らかの効果が表れる割合は90%以上とか、、しかしこのAGA、実は医学的な定義はないみたいです。

それでもやはり気になってしまうというのが30代というお年頃だと思います。

時には悩みすぎるあまり、過剰なマッサージ洗いすぎなどで頭皮を傷めてしまうこともあるはずです、、間違った方法ををやり続けていると大変なことになってしまいます。

正しい知識を持ってもらうため、髪の毛の抜けるサイクルから薄毛に悩む人の数まで、髪にまつわるあれこれについて、数字で見てみましょう!

そんなお悩みを持つ方に、数字でわかりやすく髪の毛が抜ける原因について紹介していきたいと思います!

髪の寿命

日本人の頭の毛髪は約全部で10万本あるといわれており、毎日約0.2~0.4mm成長し1ヶ月で約1cmのペースで伸びています。

髪の毛は『成長期』『退行期』『休止期』のサイクルで抜けては生えてを繰り返すことで毛量を一定に保っていて、これをヘアサイクル(毛周期)といいます。

なかでも2〜6年続く成長期がサイクルの期間の9割と大半を占めています。

ヘアサイクル(毛周期)について

成長期(期間:2~6年)

古い髪が抜け落ちて、新しい髪が生まれて成長していく時期で、毛母細胞の分裂が活発におこなわれ新しい髪の毛が太く長く伸びる時期。
(頭髪全体の約85~90%)

後退期(期間:2週間)

毛母細胞が寿命を迎えて細胞分裂がストップし、徐々に毛根が縮小し、髪の成長が止まり休止期を迎える準備を行う時期。
(全体の約1%

休止期(3~4ヶ月)

髪の成長が完全に止まり、次の成長期に向けて準備を行う時期。
この時期には新しい髪が生まれることもなく、この成長が止まった髪の毛は次の新しい髪に押し出されてやがて抜け落ちます。
(全体の約10%

人の寿命に個人差があるように、当然髪の毛の寿命にも個人差があり、男女で比べると男性が3~5年前後に対して女性は4~6年前後だといわれています。

これは女性の身体には髪の毛の成長に関わるエストロゲンという女性ホルモンが男性よりも多いことが影響しているため、女性の髪の毛の寿命が長くなってると考えられます。

薄毛はこのヘアサイクルが何らかの原因で乱れ、成長期が短縮されることで起こります。

髪の本数

一般的に成人した日本人の髪の本数は10万本といわれ、多くても13~14万本、少なくても6~7万本と多少の幅があるようです。

髪の生えてくる場所である毛穴は生まれたときから数が決まっており、個人差があるみたいです。(髪の本数は遺伝的な部分がかなり影響していると言えます。)

しかし、髪の毛は1つの毛穴から1本しか生えないと言うわけではなく、一つの毛穴から2~3本ずつ髪の毛が生えている場合があり『毛穴の数=髪の本数』とならないことはこのことがあるからです。

ちなみに、その密度は普通1㎠に約150本程度ありますが、薄気に悩む人にとってはあくまで見た目が問題です、、

本数もさることながら、髪質や太さなどが総合的に影響しあって全体の印象となります。

一日に抜ける髪の毛の平均本数

ヘアサイクルのうち、成長期を終えた毛髪が退行期に入ると、2週間の間、髪の成長がストップします。

サイクルの最後となる3ヶ月の休止期へと移り、毛根の深さが浅くなると同時に新しい毛が作られていき、これにより古い毛が押し出されて新しい毛が生えてきます。

通常、10万本のうち、1万本が約100日で抜け落ち一日に抜ける髪・抜け毛の量は50〜100本程度です。

100本と聞くと多いように感じますよね、、

しかし、髪の毛は10万本程度あると言われているので、わずか1,000分の1にしかならないのです。

抜けても基本的にはまた新しい髪の毛が生えてくるので、心配ありません。

ただ、季節などによって抜け毛の本数は増減することもあります、、

その他にも、過度なダイエットや産後はホルモンバランスが崩れるため抜け毛が増えますし、抜け毛は半年近くも続くこともあり、抜けた髪を見てさらにストレスを感じてしまう方が多いのです。

髪が抜けるのには必要な力

健康な髪が抜けるのに必要な力は50〜80gになります。

500円玉5~10枚分、板チョコ1枚分など、身近なもので考えてみると、意外と簡単に抜けることがわかると思います。

普通に暮らしていて髪にそれだけの力がかかることはないが、過度なマッサージや乱暴なシャンプーなど、髪に悩む人のなかにはついついやってしまっている人もいるので要注意です。

間違ったシャンプーやマッサージをしないように気をつけていきましょう。

ただ、頭皮が弱っていると、少しの力でも抜けやすくなることもあります。

健康な状態であれば、軽く引っ張るくらいでは、そうそう髪の毛は抜けませんし、ある程度の本数が抜けるのは、毛細の成長サイクルとして自然なことなので安心してください。

もし簡単に髪の毛が抜けるのであれば、毛根が弱々しくなっており、薄毛になりやすく危険なサインなので注意してください。

薄毛に悩む人の人数

日本人女性の10人に1人薄毛の悩みをかかえているといわれて、男性では3人に1が悩まされております。(※30代での平均人数)

発毛医療に特化したクリニックに相談に来る外来患者数は増加傾向にあり、薄毛は治るという認識が広がっていることがわかります。

ただし、薬にも相性があるため、効果が出るかどうかはやってみないとわからないのが現状です、、

また、若いうちのほうが改善しやすいので、薄毛になってから時間やお金もかかることから、早めの対処をおすすめします。

薄毛を気にしてる30代

薄気に悩む30代の割合は30代に最も高くなると統計に出ています。

男性の方が女性より、悩む方が多いのは確かだと思います、、

これは、すでに気にしている人の割合と、現在はまだ大丈夫でも将来のことを考えると気になる人の割合を合計したものです。

また、最近だと20代でも気にする方が増えてきています、、

身の周りの同年代を見て相対的に薄毛が増えてくることにより、自分の頭髪のことが強く意識されるためと考えられます。

上記でも伝えましたが30代でのケアが大切になるので、少しでも気になる方は早めの対処をしていきましょう!

まとめ

髪の毛の抜けるサイクルから薄毛に悩む人の数など数字で簡単にまとめることで、理解できたかと思います。

髪の寿命を理解したうえで、日々のホームケアや生活習慣を見つめ直していきましょう!

髪の毛のサイクルや生える本数などはある程度決まっていますが、その正常のサイクルを正しくさせるのは自分次第で変わってくるはずです、、

サロンワークでも『ボリュームを出したい!』『前髪を多めに切ってください!』など、髪のお悩み相談は多いです。

もちろん改善できるアドバイスや施術は当たり前ですが、まずはお客様に正しい知識を持ってもらって安心してもらうことがサロンワークで大切なことだと思います。

自分自身も30代でもあり、同世代以上のお悩みを改善する為、少しでもお役に立てればと思い日々勉強しております!

サロンでできる提案としては、ボリュームがでる骨格に合わせたカットや血流をよくするヘッドスパが支流になりますが、それに伴うシャンプーやトリートメントも大切になってきますのでしっかりと提案していきます。

『やっとけばよかった…』など後悔しないためにも早い段階から、頭皮の改善をして健康な髪の毛を作れるようにしていきましょう!

ご予約

LINE@による「髪・ヘアケア」等に関する無料相談を24時間365日受付けています。

営業時間
平日土日祝:9:30〜18:30
毎週月曜、第2火曜、第3日曜 定休日

ご予約方法

LINEの方はこちらLINE@hotpepperの方はこちらから
wed予約