髪のお悩み解決髪質改善サロン
髪の傷み対策

髪の毛の傷みを最小限に抑える酢酸カラー『リトーノカラー』業界初!

髪の毛の傷みダメージは様々な原因があるかと思います…

その中でも、ヘアカラーで髪の毛が傷む原因について今回は紹介していきたいと思います。

ヘアカラーで傷む一番の原因は、カラー剤の成分にある『アルカリ』によるものです。つまりいかに、『アルカリ』を除去してカラーが出来るかが大事になってきます。

そんなお悩みを解決できるカラーが誕生しました!

業界初!カラー剤のアルカリを遊離させる特殊処方の酢酸カラー『リトーノ』アルカリカラーのパワーとノンアルカリカラーの仕上がり感を併せ持つ…?

そんなリトーノカラーについて詳しく説明していきます。

カラーで髪の毛が傷む原因

ヘアカラーで髪が傷む理由

美容室や自宅で染める時のカラー剤は、アルカリカラーが主流になります。

アルカリカラーは、その名の通り『アルカリ剤』を使い髪を脱色し、脱色した髪に色を染めていきます。

アルカリカラー(酸化染毛剤)染色理論

色素を『引いて、足す』(脱色+染色)

施術中

アルカリ剤の働きで毛髪が膨張してキューティクルが開きます。同時に1剤と2剤の成分が、内部深くまで浸透します。アルカリ剤が過酸化水素を分解促進して、活性酸素が発生します。

施術後

脱色…活性酸素がメラニンに色素を分解して、明るくなります。

発色…活性酸素が酸化染料同士を結びつけて発色します。

染まり方

明るくなった髪の色調に染料の色調が加わった状態に見えます。

アルカリカラーのダメージ原因は、アルカリによるものです。

髪の毛を今より明るく染めるにはアルカリが必要です!

アルカリは、弱酸性の髪をアルカリに変化させてしまうだけでなく、ヘアカラー後も髪に残留し髪のダメージの原因になってしまいます。

(アルカリによる髪のダメージは、イオン結合の切断や髪の膨潤などによるキューティクルの損傷から髪の内部物質の流出です。)

今までのヘアカラーでは、このアルカリで受ける髪のダメージに対し、アルカリの量を少なくした低アルカリカラーや中性カラーで軽減するしか方法がありませんでした。
しかし、低アルカリカラーは通常のアルカリカラーに比べ色の鮮やかさ(彩度)や色の明るさ(明度)でどうしても劣ってしまいます。

最近の流行のカラー剤は高アルカリカラーで、透明感や鮮やかさが抜群の商品が多く、ヘアカラーとアルカリの関係は断ち切れないのが現状です。

その高アルカリカラーに対して、アルカリ除去剤やより高質なトリートメントを使う事で、可能な限りダメージを感じさせない取り組みを行ってきました。

ですが、いくらアルカリ除去剤を使っても完全にアルカリを除去する事は不可能で、髪に残留したアルカリはカラーの退色は早め、髪をダメージさせてしまいます。

高品質なトリートメントもサロンで行ったばかりの時は手触りもよく、ダメージを感じさせない状態にはなります。

しかし、毎日のヘアケアがサロンと同じレベルの人は1割もおらず、一度受けってしまった髪のダメージは市販のトリートメントのレベルでは中々隠しきれるものではありません。

へカカラーとアルカリは、ダメージと染毛に関係する切っても切れない関係にあるのです。

綺麗に染まるのに傷まない…リトーノカラーの秘密!

カラー剤によって髪の毛がダメージしてしまうのは、髪に残留してしまうアルカリ剤が原因です。

しかし、リトーノカラーを使うと、髪にアルカリ剤が残りません。

今までは起こり得なかったリトーノカラーだけの特殊処方であり、究極のダメージレスなカラー剤の秘密となってます。

※リトーノカラーは、ヘアマニキュアやヘナのように一時的に髪を染めるカラーではありません。

リトーノカラーは染めはじめはアルカリカラーのパワーを持ち、カラーの放置中から乳化をする過程でアルカリを限りなく除去させる特殊な成分を配合したカラー剤なのです。

今までのアルカリカラーのメリットを最大限に活かし、髪へのダメージや刺激を改善したのがこのリトーノカラーです。

リトーノカラーのラインナップは全18色になります。最小限の在庫で様々なカラースタイルに対応できます。

もちろん白髪染めにも対応できるカラー剤になっており、ベースはナチュラルブラウンになってます。

リトーノカラーが、これからのカラー剤の常識を変えと思います。

アルカリ剤が少なくても白髪をキレイに染める事が出来きる業界初のカラー剤になります。

リトーノカラーの特徴

  • パーマやカラー、ブリーチのアルカリを分解
  • 『酢酸』の効果でキューティクルを強化しダメージとクセを改善
  • 頭皮にも優しく、髪に潤いと弾力を与える
  • アルカリ残留しない構造
  • 発色が良く染まりがいい為作業効率が良い
  • 髪に対してのダメージや頭皮への刺激が最高レベルで改善されている
  • 髪の弾力が残りパーマメニューと複合しやすい
  • 最小限の在庫で、新しいメニューが創れる

リトーノを使用したメニュー展開が可能

ダメージ、クセ毛、白髪…女性の髪の悩み3大要因を解決できるメニューが創れます!

ファッションカラー

14N × アクセントカラーの組み合わせで、高明度、高彩度の色味を実現

グレイカラー

通常のグレイカラーでは表現しきれない透明感を実現

カラートリートメント

クリアとアクセントカラーを使いトナー感覚でカラー+酢酸の力でアルカリを除去

アルテマリトーノの特殊処方を詳しく説明

今までのサロンカラー+酸リンスや後処理剤

アルカリ…アルカリ性 ダメージの天敵

酸リンス…バッファー剤のアルカリ除去剤

アルカリの量が抑えられている為、施術中のダメージは市販カラーより、遥かに改善されています。

毛髪外部のアルカリは除去出来るが、毛髪内部にはアルカリが残ってしまいます。酸リンスなどは酸性領域なので、内部までは浸透できません。

アルカリが残留はするので、ホームケアやライフスタイルによっては、次回来店時までに意外とダメージが出る事も・・特に短いサイクルでカラーを繰り返す大切なお客様ほどダメージが重なります!

アルテマリトーノの特殊処方

酢酸塩(中性)…アルカリ中和能無し一定の水(H2O)と混ざり、分解する

酢酸(酸性)…優秀なアルカリ中和能を持つが薬剤はパワーダウンする

…毛髪に収れん作用を与え、仕上がりをしなやかでふんわりとさせる

従来のサロンカラー同様にアルカリの量が抑えられている為、施術中のダメージは市販カラーより、遥かに改善されています。

酢酸塩は中性でアルカリ中和能はな無いので、カラー剤のパワーダウンはしません。この時、酢酸塩が毛髪内部までアルカリと一緒に入り込みます。

酢酸塩は、一定の水(H2O)と混ざる事で、酢酸と塩に分離します。酢酸は、優秀なアルカリ中和能を発揮する為、アルカリを吸着し毛髪内部には残留しません!

アルカリ残留しないので、その後のダメージが限りなく出にくい。塩は毛髪収れん効果があり、キューティクルを整えてくれます。

カラー施術中にPPTやCMCなどを併用すれば、更に修復効果の高いカラーメニューが出来ます。また、ホームケア製品の効果もより高くなります。

『酢酸の力』で従来では不可能だったトリートメントメニューが可能に修復成分を浸透させるためだけではなく、残留アルカリを分解できるトリートメントです!

退色した色味も補え、クセはおさまり弾力UPでパーマの質感も復活します!

リトーノカラー3大要素

  • アルカリ分解でダメージ回避
  • キューティクルを整えて髪質改善
  • 透明感のある発色で美しい髪色

※特許出願中

酢酸による2つの効果

  1. 毛髪内部のアルカリを除去するデトックス効果
  2. ダメージにより劣化したキューティクルを閉じてダメージを抑制

まとめ

サロンワークで実際に使い、質感の良さツヤ感ボリュームとどれをとっても素晴らしいカラーとなってます。

当店ではリトーノカラーを中心に使いお客様の様々な悩みにそったカラー提案が可能になっております。

特に白髪が気になる方での、グレーカラーの相性がよく、好評です!仕上がりのボリューム感や質感も向上します。

お客様の声で、その日だけではなくリトーノカラーに変えてからダメージが減ってツヤ感が増し若返りましたなどの感想を多くいただいております。

リトーノカラーに加えカラー剤の中に高濃度なトリートメントも加わっているので間違いなく綺麗になります。

まだ、体験したことのない人は是非リトーノカラーで髪の毛を艶々にしていきましょう!

ご予約

LINE@による「髪・ヘアケア」等に関する無料相談を24時間365日受付けています。

営業時間
平日土日祝:9:30〜18:30
毎週月曜、第2火曜、第3日曜 定休日

ご予約方法

LINEの方はこちらLINE@hotpepperの方はこちらから
wed予約