髪のお悩み解決髪質改善サロン
その他お悩み

若白髪がではじめたらどうすればいいの?若白髪の原因と改善方法

最近白髪が気になりはじめた…と悩む人は少なくないと思います。

白髪が生えてくると老けて見えてしまったり、ヘアスタイルも楽しめないという外見の悩みを抱えるようになってしまいますよね。

一般的に30歳から50歳にかけて白髪は徐々に増えていきます。どんなに白髪が嫌でも、白髪は自然に生えてくるので、正直なところ仕方がありません。

年齢とともに発生する事が多い中で、若くて10代〜20代で白髪に悩まされる人もいるのです。なので、白髪は年齢とともに発生するわけではないということがわかります。

あまりにはやい段階から白髪が生え始めたら、ストレスの種になったり、恥ずかしいなど気になってしまいますよね。

白髪の生え方、原因は個人差があるかと思います。遺伝や体質、生活習慣で影響をうけ、若くして白髪が出てくることもあります。

そこで今回は若白髪のできる原因やそれに対する対策についてご紹介します。

若白髪の原因は?

若白髪はなぜなってしまうのか、明確な原因は実は解明されていないものの、遺伝的影響が大きいとされています。

つまり、両親の片方あるいは両方が若白髪だった場合、生まれてくるこどもも若白髪を発症してしまう可能性があるということです。

これは先天的な要素が大きいですが、後天的に若白髪になってしまう場合は病気の疑いがあるので気をつけなくてはいけません。

若白髪で考えられる病気は以下のとおりです。

  • 貧血症
  • 甲状腺疾患
  • 尋常性白斑
  • フォークト・小柳・原田病

病気の場合はただの若白髪だけではなく、他の身体の不調が起こることがほとんどなので、若白髪と一緒に身体のサインも見流さないようにしましょう。

その他原因として…

ストレス

10代、20代は特に進学や就職など環境が変わりやすい年代かと思います。環境の変化によるストレスは白髪の原因になります。

ストレスは自律神経の乱れで、筋肉の緊張や血行が収縮し、血行不良を起こします。

血行不良を起こすと血液を通して供給されるはずの栄養分が髪を生成する毛母細胞に行き届かなくなるため、毛母細胞内のメラノサイトの働きが衰えて、色素が定着せず白髪のまま生えてきます。

毛母細胞とは?毛球の下面の凹んでるところを毛乳頭と言い、毛細血管が入り込んでいて髪の毛を成長させる栄養分を運んでいます。その栄養分を受けて分裂している細胞を『毛母細胞』と言います。

栄養不足

過度な食事制限などダイエットや偏った食事は栄養不足になってしまい、白髪になります。

栄養不足を起こすと、毛母細胞に必要な栄養が行き渡らなくなります。

髪はタンパク質で出来ているため、野菜ばかりを摂取するのではなく、タンパク質が多く摂取できる肉や卵、魚などバランスのいい食事をしましょう。

睡眠不足

睡眠不足も血行不良になってしまい白髪の原因になります。

寝ているとき、リラックスしている時は副交感神経が動いています。逆に起きているとき、緊張感がある時は、交感神経が動きます。

交感神経が動いている時間が長いと、ストレスなどで血管の収縮で頭皮へ十分な栄養が行き渡らせなくなります。

その影響で、成長ホルモンの分泌バランスが崩れてしまいます。成長ホルモンは髪の育成に関わる大切な機能となっています。

成長ホルモンの分泌は睡眠中に最も活発になり、この時間に髪を作るためのたんぱく質の合成が行われ日中に受けたダメージを修復する細胞分裂が促進されます。睡眠時間が決まってなかったり、眠りが浅いなど、睡眠の質が低い場合、成長ホルモンが分泌されにくくなります。

そうすることで少なからず若白髪の原因になてきます。

若白髪の具体的な対策方法

若白髪の対策として間違っている方法に白髪の部分を抜いてしまうという方法があります。

髪の毛を抜くという行為は、頭皮に負担をかけてしまい、かえって白髪を誘発させてしまう可能性があるので注意が必要です。

では、どうすればいいのかというと、『白髪の部分をカット・白髪染め・カラートリートメント』があげられます。

白髪の毛量が少ないのであれば、根本からカットしてしまえば目立たなくなるでしょう。(ただし、カットした白髪は短くなった事で逆に目立つ可能性があるので注意して下さい。)

白髪がまばらに生えていてカットできる状況ではない場合や、ヘアカラーで白髪染めはまだしたくないという方は白髪染めやカラートリートメントがおすすめです。

白髪染めは一般的なヘアカラーよりも色を染める力が強いものなので、一気に白髪を目立たなくさせることができます。

カラートリートメントに即効性はありませんが、普段のトリートメントの代わりに使い続けることでトリートメント効果と自然と色味が髪についてくるものなので手間がなく楽です。

上記でも言いましたが、まだ白髪染めをしたくないという方にカラートリートメントはおすすめできます。

それ以外にも髪や頭皮にいい栄養を積極的に摂っていくのもいいでしょう。亜鉛や銅、チロシンといった成分は、髪を作り出す補助をしてくれます。

亜鉛であれば牡蠣や肉類、銅であれば牡蠣、納豆、えびカニといった甲殻類、チロシンであれば乳製品や魚介類に多く含まれているので、意識して摂るようにしていきましょう。

若白髪を抑える方法

若白髪を抑える方法の1つ目に

 サプリメントを活用する方法

サプリメントは普段の生活で摂りきれない栄養素を補助的な立場でサポートをするので、さきほどあげた亜鉛・銅・チロシンの他にもビタミン・ミネラルを補給することができます。

髪の色素を作り出すためにも必要な栄養素がある以上、不足すると年齢問わず白髪が生えやすくなってしまうのは明らかです。

そのため、サプリメントを活用してうまく栄養バランスを整えるといいでしょう。

2つ目の方法として

先ほどあげたカラートリートメント

トリートメント本来の髪を補修してなめらかにすることにくわえ、髪の内側と外側から色素を染み込ませて徐々に髪に色を入れていくのがカラートリートメントです。

通常のヘアカラーや白髪染めとは違い、染毛力は強くないので時間をかけて色を入れることになりますが、継続させることが用意なので効率よく若白髪を抑えることができるでしょう。

白髪を活かす方法

白髪を隠したいという方も多いかもしれませんが、白髪をうまく活かすという方法もあります。

それはハイライトカラーをするという方法ですハイライトカラーとは縦に明るい色を入れることで髪に立体感の出るカラーリングのこと。

ハイライトとは明るく見える部分という意味で、黒色の中に白色が混ざると目立ってしまいますが、明るい色の中だと白色は目立ちにくくなるという考え方になります。

白髪の量が多いのが気になるのであれば、白髪の色に寄せたハイライトカラーを入れられれば、全く気にする必要はなくなるので精神的にはかなり楽になるでしょう。※ブリーチを使って明るくするのでダメージしやすいのがデメリットです。

ハイライトカラーをするメリットは、白髪が目立ちにくくなるだけでなく、立体感を出すこともできるという点です。

しかし、ハイライトにすると髪の傷みが通常よりも大きいので、その分しっかりとヘアケアをする必要があります。

若白髪の危険性

これまで若白髪を目立たなくさせる、対策方法を紹介してきましたが、子供や自分自身に若白髪が出てきた場合、併発している症状に対してよく観察するようにしてください。

先ほどもあげましたが、病気になっている可能性もあるため、遺伝的あるいは心因的なストレスによって若白髪ができてしまった場合ではなければ病院へ行くことも視野にいれておきましょう。

貧血症の場合は頭痛やめまい、疲れやすいといった症状が併発します。

甲状腺疾患の場合は動機や汗をかきやすくなる、下痢や眼球突出、イライラしてしまうといった症状が出てきます。

尋常性白斑は髪の色だけではなく手足や顔の皮膚色まで脱色されて白くなるのでわかりやすいでしょう。

フォークト・小柳・原田病は、発熱や頭痛、倦怠感が初期症状にあり、急激な視力低下や難聴を発症してしまうこともある疾患です。

このように、若白髪が起こってしまったことだけに注視して、重大な疾患を見逃してしまう場合も多いので、まずは他の症状もないか確認するようにしてください。

ただ単に若白髪だけの症状であった場合は、病気による危険性というのはないので、生活を振り返って栄養不足やストレスを取り除くような習慣を心がけていきましょう。

まとめ

今回は若白髪の原因と改善、対策方法についての紹介でした。

若白髪の原因として、遺伝的影響が大きいことがわかりました。それだけではなく、普段の生活習慣も深く関係しています。

栄養、血行など体の内面から改善していくことが大切になってきます。日々の食事や睡眠など生活をまずは見直していきましょう!

上記でも伝えましたが、ストレスをためないことです。気づかないうちにストレスはたまってしまうので注意が必要です。

趣味をみつけたりして、自分なりのリラックスできる環境を整えてストレス解消をしていきましょう。

もしそれでも、改善できない場合はヘアカラーやカラートリートメントなどで染めて改善する、もしくはハイライトをいれて活かすなど色々と対策していくことをおすすめします。

もし突然、大量の若白髪が増えたら、深刻な病気が隠れてる場合もあります。

なので、少しでも違和感を感じたら、自己判断ではなく、皮膚科など専門機関や病院に相談しましょう。

白髪を解消して、見た目も若返り、気分も晴れてファッションやヘアスタイルで楽しめるようにしていきましょう♪

ご予約

LINE@による「髪・ヘアケア」等に関する無料相談を24時間365日受付けています。

営業時間
平日土日祝:9:30〜18:30
毎週月曜、第2火曜、第3日曜 定休日

ご予約方法

LINEの方はこちらLINE@hotpepperの方はこちらから
wed予約